このページの先頭です

こども歯科相談(歯みがきに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯みがきに関すること > エナメル質を守るためには

こども歯科相談室

歯みがきに関すること Q&A

2018年09月11日

エナメル質を守るためには

子どもが大きくなるまでにできるだけ歯のエナメル質を傷つけないようにしたいと思っています。
毎日の習慣でできることがあったら教えていただきたいです。

山崎てるみ先生からのアドバイス

正しい歯みがき方法、食生活や間食習慣で歯を守っていきましょう。
エナメル質は体の中でもとても硬い組織となります。例えば、転んで歯を打つような強い外力が加わったり、むし歯になったりしなければそれほど簡単には傷つきません。
毎日の習慣として出来ることは、正しい食生活や、おやつの時間を決める、ジュースをだらだら飲まないなどの間食習慣を整えることです。これもむし歯予防ですから、もちろんエナメル質を守ることにつながります。
歯みがきは、歯ブラシを適度な圧で歯に当てます。エナメル質が傷つくのを恐れて圧が弱すぎたり、歯ブラシの毛が柔らかすぎても歯の汚れは落ちにくいです。小さいお子さんは、むし歯予防がメインとなりますので歯の面からしっかりと汚れを落とすことが大切です。その際には、歯が溶ける脱灰を防いだり、溶けかけた歯が元に戻る再石灰化を助ける作用のあるフッ化物配合の低研磨性または研磨材の入っていないハミガキ剤やジェルを使用することをおすすめします。歯ブラシの圧や歯ブラシの選び方がわからなければ、歯医者さんで直接教えてもらうと理解しやすいでしょう。

山崎てるみ先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。