このページの先頭です

こども歯科相談(歯みがきに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯みがきに関すること > 歯茎から出血した時の手入れ方法は

こども歯科相談室

歯みがきに関すること Q&A

2015年11月30日

歯茎から出血した時の手入れ方法は

仕上げ磨きの時にたまに歯茎から出血します。出血しても患部をブラッシングしても大丈夫ですか?

梅津糸由子先生からのアドバイス

健康なお子さんの歯茎(歯肉)からの出血は、ほとんどの場合、磨き残しが原因の「歯肉炎」です。原因であるプラークを落とす事で歯肉からの出血も治ってきます。
歯肉炎の治療には、毎日の適切な歯磨きが大切です。また、2歳ですと生えている奥歯の噛む面に歯肉の一部が覆いかぶさっているため、炎症を起こしやすく出血することがあります。そのような場合、原因であるプラークを落とすことで歯肉からの出血も治ってきます。
歯ブラシの力が強く、歯を磨いたつもりでも歯肉を傷つけていることがありますので、歯ブラシの選択、歯ブラシの当て方、動かし方など、適切な歯磨きの方法を歯科医師、歯科衛生士に相談する事をお勧めします。

梅津糸由子先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来、小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。