このページの先頭です

こども歯科相談(歯みがきに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯みがきに関すること > 手入れをしているのに虫歯になります

こども歯科相談室

歯みがきに関すること Q&A

2016年02月29日

手入れをしているのに虫歯になります

毎日こまめに歯磨きをしても虫歯がすぐに出来てしまいます。歯磨き粉にも気を使っていますが、やはり虫歯みたいなものが出来てしまって困っています。指導を受けてその通りにやってもやはりだめでした。あとはなにに気をつけたらよいのでしょうか。

梅津糸由子先生からのアドバイス

むし歯の予防にはていねいな歯みがきと規則正しい生活習慣が大切です。
むし歯を予防するためには食後ていねいに歯をみがくことです。ただし「磨いている」のと「磨けている」のでは違います。磨いていても、よく磨けている場所と磨けていない場所があります。磨き残しの場所にはむし歯を作る原因のプラーク(細菌の塊)が残っています。この細菌(むし歯菌)は糖を分解して酸を作り、歯を溶かします。ですから糖の多い食べ物や飲み物を控える、時間を決めずにダラダラと飲食しないこと、そしてよく噛み唾液の分泌を促すことです。
歯磨きの指導を受けているとのことでしたので、むし歯の予防には、磨き残しやすい場所を注意して磨くこと、また、食生活習慣を見直すきっかけにして、規則正しい生活習慣を心がけて下さい。

梅津糸由子先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来、小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。