このページの先頭です

こども歯科相談(歯みがきに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > こども歯科相談室 > 歯みがきに関すること > ハミガキ剤を飲み込んでしまいます

こども歯科相談室

歯みがきに関すること Q&A

2016年11月29日

ハミガキ剤を飲み込んでしまいます

2歳の双子の娘がおり、ハブラシは一人で使えるようになってきました。しかし、まだ磨いている最中や口をゆすぐ時にしばしば「ごっくん」と飲み込んでしまいます。そのため、心配でハミガキ剤を使わせたことがありません。仕上げ磨きを嫌がらないのでしっかり仕上げ磨きができているためか、虫歯になったことはありませんが、もうそろそろハミガキ剤を使用して歯磨きをさせた方が良いのか、「ごっくん」しなくなってから使用すれば良いのか、どちらが良いのか分からず悩んでおります。

三井園子先生からのアドバイス

うがいが上手に出来なくても、歯磨きペーストを使用しても構いません。
歯磨きペーストには、むし歯予防効果のある「フッ素(フッ化物)」が配合されているため、歯が生え始めた頃から使用を開始することをお勧めします。2歳であれば、歯磨きペーストに含まれるフッ化物の濃度が、通常の約半分(500ppm)ものや、ジェルタイプのものがお勧めです。分量は歯ブラシの毛束1列~2列目までのグリーンピース大の量であれば、飲み込んでも問題なく、うがいも必要ありません。
歯磨きの方法はもちろん、フッ化物配合製品を正しく使用することはむし歯予防には大切です。一度小児歯科専門医を受診し、具体的な使用方法を教えてもらうと良いでしょう。

三井園子先生

日本歯科大学附属病院 小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

同じカテゴリの相談を見る

こども歯科相談室

子どものおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。