このページの先頭です

マタニティ歯科相談(マタニティ:お手入れに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > マタニティ歯科相談室 > マタニティ:お手入れに関すること > 歯間ブラシで出血するのは傷をつけているのでしょうか

マタニティ歯科相談室

マタニティ お手入れに関すること Q&A

2017年06月02日

歯間ブラシで出血するのは傷をつけているのでしょうか

歯医者さんに行きたいのですが、子どもが一緒だと気軽には行けず、自力でケアしています。
歯間ブラシをするとよりスキッ歯になる気がするのですが、毎日した方がいいのでしょうか。使うたびに毎回出血するのは傷をつけているのではないかと心配しています。

渡部裕子先生からのアドバイス

歯間ブラシで出血されるとのことですが、主な原因には次のような事が考えられます。
・歯肉に炎症がある。
・歯間ブラシのサイズが合っていない。
・歯間ブラシの挿入方法を間違えている。
一般的な歯間ブラシの使用方法は以下の通りです。
・歯間ブラシのサイズはそれぞれの歯間に合った太さのものを選びます。
(歯間に入れたときに軽く抵抗のある太さ。)
・挿入はゆっくり行い、数回往復させます。
・挿入する方向ですが、上の歯は歯間ブラシの先端をやや下向きに、下の歯はやや上向きにするとスムーズに行えます。
・歯間ブラシは夕食後、または就寝前に1日1度でいいので行ってください。
スキッ歯になる気がするというのは、もともと歯肉炎等で、歯肉に腫れがある場合、歯間ブラシなどによるブラッシングで歯肉の炎症が治まり、歯肉が引き締まった時にそう感じるのだと思います。歯と歯の間が開いたという訳ではないので心配しなくて大丈夫です。
しかし歯間ブラシのサイズが太すぎたり、歯間ブラシのやり過ぎは歯肉の退縮をさらに進めたり、歯牙が削れたりして取り返しのつかないことになりかねません。
できれば歯科医院に行って、歯科医師や歯科衛生士に歯間ブラシのサイズを確認してもらい、正しいブラッシング方法の指導を受ける事をお勧めします。
次に顎関節症についてですが、最近の研究では顎関節の痛みや機能障害は直接顎関節に原因があるのではなく、顎関節の周囲にある筋肉や筋膜のこりや炎症が原因とみられています。多くの場合、セルフマッサージやストレッチ運動のようなホームケアで改善されます。しかしそれには病院での診断と指導が必要となりますので、詳しくは日本歯科大学付属病院、顎関節症診療センターのホームページをご覧ください。

渡部裕子先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

マタニティ歯科相談室

プレママ期、生まれて1歳までの赤ちゃんのお口に関するご相談に、
日本歯科大学附属病院マタニティ歯科外来チームの医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する