このページの先頭です

マタニティ歯科相談(マタニティ:お手入れに関すること)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > マタニティ歯科相談室 > マタニティ:お手入れに関すること > 妊娠中の歯のトラブルを防ぐには

マタニティ歯科相談室

マタニティ お手入れに関すること Q&A

お気に入りに追加

2018年02月07日

妊娠中の歯のトラブルを防ぐには

妊娠すると歯がボロボロになりやすい、虫歯になりやすいと聞きました。
なので一日3回の歯磨きはかかせません。
歯磨き以外に何かするとよいことはありますか?

青柳ひとみ先生からのアドバイス

妊娠中は
・唾液の粘りが増す
・唾液が酸性に傾く
・食事の回数の増加、内容の偏り
・つわりにより歯磨きが不十分になりやすい
以上のことから虫歯になりやすいです。
さらに妊娠中は女性ホルモンの分泌が増え、歯周病菌の増殖が促進され歯肉炎が起こりやすくもあります。
口腔内環境を良い状態に保つ基本はやはり歯ブラシによる歯磨きです。
加えて補助器具として、歯と歯のすき間が広いときは歯間ブラシで効果的にプラークを取り除くことができます。
さらに歯と歯の間はプラークが付きやすく虫歯や歯周病が発生しやすいです。歯ブラシと併せてデンタルフロスを使うとよいでしょう。
歯ブラシが届きにくい箇所にはタフトブラシという方法もあります。
これらと併せて継続してキシリトールが50%以上含まれているガムやタブレットを摂取することで虫歯菌の機能の縮小等の口腔内環境を良くする効果が期待できます。
ご自身の口腔内に合った器具を選択するために歯医者さんを受診することをお勧めします。

青柳ひとみ先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

マタニティ歯科相談室

プレママ期、生まれて1歳までの赤ちゃんのお口に関するご相談に、
日本歯科大学附属病院マタニティ歯科外来チームの医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する