このページの先頭です

マタニティ歯科相談(マタニティ:抜歯など)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > マタニティ歯科相談室 > マタニティ:抜歯など > 抜歯の時期は

マタニティ歯科相談室

マタニティ 抜歯など Q&A

2017年09月27日

抜歯の時期は

痛みがこれまでも今も全くなく、気付いた今では親知らずに大きな穴が空いてます。妊娠中(9ヶ月)の抜歯、産後の抜歯どちらが良いのでしょう。授乳も考えると心配です。

平松悠紀先生からのアドバイス

抜歯の時期についてですが、妊娠9か月で妊娠後期であることや痛みがないことから現段階で抜歯の必要性は低いと考えます。しかし親不知にむし歯があるとのことですので産後落ち着かれましたら、かかりつけの歯科医院を受診することをお勧め致します。
また授乳中の抜歯後の投薬についてですが、抗生剤は母乳への影響が少ないと言われている、ペニシリン系・セフェム系のうち主にセフェム系を処方致します。鎮痛剤においても同様に、母乳への影響の少ないものを処方致します。服薬方法としては授乳後に内服していただければ基本的には問題ないと考えます。それでも内服に不安のある場合は人工乳や搾乳で代用していただければと思います。

平松悠紀先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

マタニティ歯科相談室

プレママ期、生まれて1歳までの赤ちゃんのお口に関するご相談に、
日本歯科大学附属病院マタニティ歯科外来チームの医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する