このページの先頭です

マタニティ歯科相談(マタニティ:抜歯など)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > マタニティ歯科相談室 > マタニティ:抜歯など > 生えかけの親知らず

マタニティ歯科相談室

マタニティ 抜歯など Q&A

お気に入りに追加

2018年01月09日

生えかけの親知らず

娘が妊娠を希望しています。4本の親知らずがほんの少し生えかけた状態でとどまっています。以前歯科では様子をみると言われたそうですが心配です。今のうちに何か対処しておいたほうがいいのでしょうか?

柳井智恵先生からのアドバイス

一般的に親知らず(智歯)は生えるスペースが不十分なため、生える(萌出)方向や位置に異常が生じ、完全に生えてこない場合が多いです。そのため歯茎の下に食物かすが停滞しやすく不潔になり、智歯周囲炎を起こしやすくなります。智歯周囲炎の炎症が進行しますと歯に隣接する組織が化膿し、口が開かなくなり、熱発など重篤な感染症に陥ります。そのため清掃が困難な智歯や正常が噛みあわせを望めない智歯を抜歯することが多く行われています。また妊娠期に智歯周囲炎を発症した場合には、薬や治療方法に制限を生じることがあります。そう考えますと、妊娠する前に歯科医院あるいは歯科口腔外科を有する専門病院に受診し、ご相談することをお勧めいたします。

柳井智恵先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

マタニティ歯科相談室

プレママ期、生まれて1歳までの赤ちゃんのお口に関するご相談に、
日本歯科大学附属病院マタニティ歯科外来チームの医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する