このページの先頭です

マタニティ歯科相談(マタニティ:その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > マタニティ歯科相談室 > マタニティ:その他 > 歯並びは遺伝しますか

マタニティ歯科相談室

マタニティ その他 Q&A

2017年08月31日

歯並びは遺伝しますか

自身が受け口だったので、産まれてくる赤ちゃんが成長して噛み合わせが正常になるか心配です。

波多野宏美先生からのアドバイス

骨格はある程度は遺伝します。
骨格はある程度、ご両親に似る部分がありますので、お口の中の状況も似る可能性があります。
1歳6か月児健診や3歳児健診も、ぜひ受けましょう。
もしも、お子さんが受け口となった場合は治療の必要性があり、治療を行っていく前には検査が必要です。検査ではエックス線検査や歯型をとり、お口の状況を把握し、治療の方法を決めていきます。ただし検査や治療といっても、小さなお子さんの協力を得るのは難しいことです。
このため、乳歯が生えそろい、簡単な会話もできるようになる3~4歳頃に小児歯科専門医や矯正歯科での相談をなさるおすすめの時期です。
また、お口に関する癖(4歳過ぎの指しゃぶり、おしゃぶりなど)も歯並びに響します。
まずは生えてきた歯をむし歯にしないように、お口の中の環境を良い状態にしておくことが大切です。
お子さんによっても成長はそれぞれですので、お子さんの歯が生え心配事があれば、定期的に小児歯科専門医を受診し相談して下さい。

波多野宏美先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来、小児歯科

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

マタニティ歯科相談室

プレママ期、生まれて1歳までの赤ちゃんのお口に関するご相談に、
日本歯科大学附属病院マタニティ歯科外来チームの医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する