このページの先頭です

マタニティ歯科相談(マタニティ:その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > マタニティ歯科相談室 > マタニティ:その他 > 流産と歯の関係

マタニティ歯科相談室

マタニティ その他 Q&A

お気に入りに追加

2018年01月09日

流産と歯の関係

妊娠しましたが、流産しました。妊娠しているかもと思った矢先に親知らずが、ジンジン痛み出して、流産しておさまりましたが、何か歯と流産は関係がありますか?

鈴木麻美先生からのアドバイス

歯や歯肉は、体調が悪いときに痛みが出やすい傾向があります。親知らずと流産との関係は全くないと断言できませんが、今回のご相談内容から、親知らずの炎症が流産の原因になったのではなく、赤ちゃんの成長する環境に問題が出て、体調を崩し、その時点で、親知らずに痛みが出たものと思われます。流産につながるほどの親知らずの炎症だとしたら、流産後も親知らずの炎症は続くと考えられます。
今回の親知らずと流産に直接関連がないとしても、妊娠中のう蝕、歯周病、親知らずの抜歯が、母体と胎児に影響をもたらすことがあります。妊娠を考えた際、妊娠前に、歯科医院での健診と治療を受けておく必要はあります。

鈴木麻美先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来

>> 日本歯科大学附属病院

>> マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

マタニティ歯科相談室

プレママ期、生まれて1歳までの赤ちゃんのお口に関するご相談に、
日本歯科大学附属病院マタニティ歯科外来チームの医師が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する