このページの先頭です

マタニティ歯科相談(マタニティ:かみ合わせ、矯正)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > マタニティ歯科相談室 > マタニティ:かみ合わせ、矯正 > 妊娠中の歯ぎしりで減った歯は直せますか

マタニティ歯科相談室

マタニティ かみ合わせ、矯正 Q&A

2018年10月15日

妊娠中の歯ぎしりで減った歯は直せますか

歯ぎしりをするようで、つわりのときに前歯がすり減ってしまいました。これはもとに戻すことができるのでしょうか。妊娠や出産と歯ぎしりは何か関連があるのでしょうか。

藤倉枝里子先生からのアドバイス

妊娠中に環境や体の変化により歯ぎしりが起こることがあります。
妊娠したことによって始まった歯ぎしりは出産後になくなることがありますが、すり減ってしまった部分は元に戻りません。
しかし人工的に戻すことはできます。
症状が無ければ様子を見るのもいいと思います。
また、歯ぎしり対策としてマウスピースを使用する治療法もあります。
一度歯科医院に受診し、相談してみるといいと思います。

藤倉枝里子先生

日本歯科大学付属病院 マタニティ歯科外来

同じカテゴリの相談を見る

マタニティ歯科相談室

妊娠時のおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。