このページの先頭です

おとなのおくち相談(口臭)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 口臭 > 加齢による口のねばつきや口臭を予防する方法を教えて下さい

おとなのおくち相談室

口臭 Q&A

2015年09月14日

加齢による口のねばつきや口臭を予防する方法を教えて下さい

先生からのアドバイス

加齢による口のネバツキや口臭は、唾液腺の老化により唾液分泌量が低下し、口が乾燥することで起こります。口内が乾燥すると、口の中に800種類もいる細菌が繁殖しやすい状態となり、口のネバツキや口臭を生じるだけでなく、むし歯や歯周病のリスクもアップします。よって、まずは口の中の細菌を減らすようにしましょう。丁寧な歯みがきで細菌の塊である歯垢をきちんと除去するとともに、細菌が付着しやすい舌の上も毎日歯ブラシでやさしくこすってみがいて下さい。そして、口がうるおうよう心掛けることも大切です。水分をこまめに口に含んだり、顎のエラ部分にある唾液腺を手でマッサージする、食べ物をよく噛むようにするなどで唾液腺を刺激して唾液の分泌が促進するようにして下さい。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生
中尾理紗 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。