このページの先頭です

おとなのおくち相談(口臭)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 口臭 > 主人の口臭が気になる時がありますが、言うと怒るので言えません。日常食べるものや飲むもので防ぐことはできるのでしょうか。

おとなのおくち相談室

口臭 Q&A

2016年11月29日

主人の口臭が気になる時がありますが、言うと怒るので言えません。日常食べるものや飲むもので防ぐことはできるのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

口の中が原因となる口臭の原因は口の中の細菌なので、細菌の塊である歯垢をデンタルフロスや歯間ブラシも用いて極力減らすこと、細菌が溜りやすい舌もみがくこと、お口が乾燥しないようにすること、歯肉の炎症がないようにすることなどが口臭予防となります。口臭を指摘されるのは誰でも嫌なものですから、例えば奥様がかかってらっしゃる歯科医院を受診したら?と勧めてみるなどして、お口のチェックをしてもらい、歯科医師から助言してもらう方が良いかもしれません。ただ、ご自身が歯科医院に足を運ぶこと自体に拒否感があるのであれば、客観的なアプローチとしてできることは、まずは歯ブラシをこまめに替えておく(一か月に一回)、さりげなく歯間ブラシやデンタルフロス、デンタルリンスなどを置いておく、歯周病、口臭予防用の歯みがき剤に変えておくなどで歯みがきの効果が少しでも上がるようサポートなさってみてはいかがでしょうか。
また、飲食物に関しては、歯に歯垢が極力付着しないような食物を選んで下さい。柔らか目のものより硬め、粘性があるものよりさらっとしたものの方がよいです。歯垢は口の中の細菌が飲食物中の糖分(甘いものだけでなく、分解されて糖分になるものも含む。)をエサに繁殖し、ベタベタした物質を出して固まったものです。よって、糖分や炭水化物などは控えめにし、海藻、野菜類を多くする、その中でも、ゴボウやニンジンなどを少し硬めに煮たりすれば、よく噛まないと食べられないため、唾液の分泌が良くなり自浄作用が働く上、ゴボウやニンジン自体の線維で歯や粘膜の表面が清掃されるという効果もあります。よって、少し歯に付きやすい食品を食べても、清掃効果の高い食品を最後に食べることで多少は清掃効果が期待できるので、出す順番を考えることもよいかもしれません。また、飲料も糖分の入ったものは歯垢が増えるため、水かお茶がよいです。日本茶にはカテキンやフッ素が含まれるため、抗菌作用、むし歯予防の効果が期待できます。牛乳などの乳製品は、舌苔が付きやすく、これも口臭の大きな原因となるためあまりおすすめできません。しかしながら、飲食物だけで口臭の予防をすることは難しいので、ご自身が口臭に気づいて自発的に歯科医院へ足を向けて下さるとよいですね。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。