このページの先頭です

おとなのおくち相談(お手入れ)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > お手入れ > 歯医者さんの治療が終わったのでこれからは歯を大事にしていこうと思っています。これからは歯ブラシもよく選んで使いたいのですが、自分の口に合う歯ブラシはどういう基準で選んだらよいのでしょうか。

おとなのおくち相談室

お手入れ Q&A

2017年04月28日

歯医者さんの治療が終わったのでこれからは歯を大事にしていこうと思っています。これからは歯ブラシもよく選んで使いたいのですが、自分の口に合う歯ブラシはどういう基準で選んだらよいのでしょうか。

高山由希先生からのアドバイス

これから歯を大事にしていこうと思っておられる、私のような予防歯科を専門としてきた人間にはとてもうれしい言葉です。なによりもその気持ちが大切です!

「自分の口にあう歯ブラシ」を考えると、まず電動歯ブラシにするのか、手用歯ブラシにするのかの選択があると思います。電動歯ブラシの利点は効率よく磨ける、つまり手早くきれいにできるということです。一方、歯ぐきへの刺激が強くて歯ぐきの形が変わってきたり、ブラシの替えを怠って歯垢が残っているのに機械の刺激で「みがいた気になっている」という弊害も見てきました。ですのでどちらがよいというより、どちらが好きかで選んでいいと私は考えています。

丁寧にみがけるのは手用の歯ブラシかもしれませんね。
形として考えると
①ヘッド(毛のついている部分)は小さめが奥まで届きやすく、上奥歯の頬っぺた側や下奥歯のべろ側をみがくのにはいいとされています。
②植毛が密であること
③毛のかたさは普通から硬め
が効率的な歯垢除去に有効です。ご自分がまず、よさそうな歯ブラシを使ってみてその歯ブラシを基準に、いろいろ試してみられるのもいいかなと思います。

これからいろいろ試して、よい歯ブラシが見つかるといいですね。歯があなたの長い友達でありますように。

歯科医師/歯学博士 高山由希 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。