このページの先頭です

おとなのおくち相談(お手入れ)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > お手入れ > 冬は、忘年会、新年会などの楽しい集まりが多く、ついつい飲みすぎて、そのまま寝てしまいます。歯みがきせずに寝てしまうと、お口にどんな悪影響があるのでしょうか。

おとなのおくち相談室

お手入れ Q&A

2015年03月11日

冬は、忘年会、新年会などの楽しい集まりが多く、ついつい飲みすぎて、そのまま寝てしまいます。歯みがきせずに寝てしまうと、お口にどんな悪影響があるのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

飲酒後にそのまま寝てしまうのは、口にとっては最悪の行為。お酒はpHが酸性であるものが多く、就寝中は口の酸性状態を中和してくれる唾液の分泌が大きく減少するため、歯が溶かされ、むし歯になるリスクが高まります。また、細菌の塊である歯垢が口の中にたくさん残ったまま寝てしまうと、寝ている間に細菌がどんどん繁殖、むし歯だけでなく歯肉の炎症、口臭のリスクも高くなります。短時間で良いので、歯みがきはするようにしましょう。大き目の歯ブラシで、さっとみがくだけでも翌日の口の状態が変わってきます。殺菌作用のあるデンタルリンスで口をよくゆすぐのも良いでしょう。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。