このページの先頭です

おとなのおくち相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > その他 > 通いつけの歯医者さんは先生は上手に治療してくださって良いのですが、歯科助手の方の歯石取りが非常に痛いです。熱心なのでしょうが痛くて涙がこぼれるほどなので、足が遠のきました。 治療をやめてから、歯が抜けたり、歯冠が外れてしまいましたがあの痛みがトラウマになり、他の歯医者さんへ行く気力もなくなってしまいました。 歯石取りというのは、痛いものと諦めて、歯科医院に通うしかないのでしょうか。

おとなのおくち相談室

その他 Q&A

2016年10月20日

通いつけの歯医者さんは先生は上手に治療してくださって良いのですが、歯科助手の方の歯石取りが非常に痛いです。熱心なのでしょうが痛くて涙がこぼれるほどなので、足が遠のきました。 治療をやめてから、歯が抜けたり、歯冠が外れてしまいましたがあの痛みがトラウマになり、他の歯医者さんへ行く気力もなくなってしまいました。 歯石取りというのは、痛いものと諦めて、歯科医院に通うしかないのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

歯石には歯肉の上に付く歯肉縁上歯石と、歯肉内部(歯周ポケット内)に付く歯肉縁下歯石があり、歯肉縁上歯石を除去する際は歯肉に触れないため余り痛みを伴いません。しかし、歯周病の予防、改善のためには歯肉内部の汚れも取らなくてはならないため、その際に器具が歯肉に触れると痛みを伴います。通常は、歯肉内部の歯石除去で痛みを伴う場合には麻酔をかけて行うので、痛いようでしたら我慢せず麻酔をかけて欲しい旨を先生にお伝えになって下さい。麻酔を先生がかけた後に、先生ないしは歯科衛生士さんが歯石除去を行う形となります。また、最近は歯石除去の機器も良くなってきており、超音波の歯石除去の機器で歯肉内部でも浅い部分であれば痛みの発現が少ないものも出てきています。最近では、患者さんに痛みを感じさせないように治療なさっている先生も多いですし、痛みのトラウマで歯科医院に足が遠のき、歯にトラブルが起こってしまっては勿体ないので、勇気を出して歯科医院を受診なさってみて下さい。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。