このページの先頭です

おとなのおくち相談(その他)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > その他 > 過食症でずっと食べ続けて最後に嘔吐するのをやめられません。これが歯や歯茎、口内に具体的にどんなリスクがあるのか教えてください。

おとなのおくち相談室

その他 Q&A

2016年11月15日

過食症でずっと食べ続けて最後に嘔吐するのをやめられません。これが歯や歯茎、口内に具体的にどんなリスクがあるのか教えてください。

金井由起先生からのアドバイス

過食があると、通常よりも長い時間口の中が飲食物にさらされるので、口の中にいるむし歯菌が飲食物中の糖分をエサに酸を出し続けて口が酸性傾向となり、歯が溶けやすい状態となります。また、嘔吐することでもかなり酸性度の高い胃酸が口の中を通り、それによっても歯が大きく溶かされます。歯が溶けると酸蝕歯(さんしょくし)といって最初の段階では歯の表面のエナメル質が溶けてツルツルした状態ですが、進行してエナメル質がなくなり柔らかい象牙質が露出すると、ボロボロと象牙質が崩れて歯の表面が粗造になってきます。また知覚過敏症が生じたり、むし歯のリスクもかなり高まります。歯肉に対しては、飲食物の刺激にさらされている時間が多いことで荒れやすくなります。かんでいる時間も長くなるので、歯がすり減ったり、歯肉や歯を支えている骨など歯の周りの組織や、顎の関節、咬むことに関係する筋肉などにも負担がかかり、歯周病や顎関節症のリスクも高まります。よって、口に関しては悪影響を及ぼすばかりであるとともに、過食や嘔吐が治らない限りは、歯の治療をしてもまたすぐにむし歯にかかってしまうので、根本的な過食症の治療を早めにお受けになることをお勧めします。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。