このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯周病)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯周病 > 歯周病と歯槽膿漏の違いがわかりません。具体的な症状を教えて下さい。

おとなのおくち相談室

歯周病 Q&A

2014年05月28日

歯周病と歯槽膿漏の違いがわかりません。具体的な症状を教えて下さい。

金井由起先生からのアドバイス

昔は歯周病の事を歯槽膿漏と呼んでいました。現在、歯周病は歯肉炎と歯周炎に分けられ、軽い歯周病を歯肉炎、重い歯周病を歯周炎と呼んでいます。歯槽膿漏は読んで字のごとく、歯ぐきから膿が出る症状で、現在の呼び方では重い歯周病の歯周炎にあたります。この状態では、歯を支えている骨が溶けるので歯が揺れてきたり、咬んだ時に痛みが生じ、膿による口臭も強くなります。一方、歯肉炎は、歯を支える骨に異常はなく、歯ぐきが腫れて出血しやすい状態なので、歯と歯肉の境い目をみがいた時や歯と歯の間にフロスを通した時にすぐに出血します。歯肉炎の段階で歯の根元の汚れをきちんと取り除けば、歯周病の悪化を予防できます。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。