このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯周病)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯周病 > 一時期ストレスで歯を強く噛みあわせてしまう癖があり、歯茎が下がってしまいました。一度下がった歯茎はもとに戻らないと聞いているのですが、何か対策はできますか?

おとなのおくち相談室

歯周病 Q&A

2016年07月27日

一時期ストレスで歯を強く噛みあわせてしまう癖があり、歯茎が下がってしまいました。一度下がった歯茎はもとに戻らないと聞いているのですが、何か対策はできますか?

金井由起先生からのアドバイス

歯は顎の骨(歯槽骨)により支えられていますが、くいしばりや歯ぎしりなど過渡なかむ力が加わることで歯槽骨が溶け、それに伴って歯槽骨の表面を覆っている歯肉も下がります。一部分であれば、歯肉の移植や歯周組織再生療法などの外科処置で改善できるケースもありますが、基本的に全体的に下がってしまった歯肉の改善は難しく、歯肉の下がりがこれ以上大きくならないような対策が必要となります。
歯槽骨が溶ける要因としては、加齢や歯周病、くいしばりなどの過渡なかむ力、などがあるため、全身的には骨粗鬆症に気を付けるとともに、お口のケアとしては歯周病やくいしばりへの注意が必要です。先ずは、日中くいしばりに気付いたら、顎をリラックスして上下の歯と歯が当たらないようにしましょう。それでも定期検診で歯肉の下がりの悪化が見られる場合には、就寝時にくいしばりなどを行っている可能性もありますので、就寝時にマウスピースを装着して歯や顎の骨の負担軽減を図ることとなります。マウスピースは歯科医院で作製できるため、心配な場合にはご相談ください。また、歯みがきの力が強すぎることも歯肉下がりの原因となるため、そのチェックもお受けになると良いでしょう。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。