このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯周病)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯周病 > 歯周病が進行しているようで、奥歯が少しグラグラしてきました。この先、どんどん歯が抜けていくのかと心配でたまりません。歯のグラグラ度を止める方法はないのでしょうか?

おとなのおくち相談室

歯周病 Q&A

2016年11月29日

歯周病が進行しているようで、奥歯が少しグラグラしてきました。この先、どんどん歯が抜けていくのかと心配でたまりません。歯のグラグラ度を止める方法はないのでしょうか?

金井由起先生からのアドバイス

歯の揺れは、歯を支えている骨が溶けることで起こります。歯を支えている骨が溶ける原因には加齢や歯周病、過渡に大きいかむ力の負担などがあります。加齢による骨の減りは仕方ありませんが、歯周病やかむ力による減りはある程度予防ができるため、歯科医院でクリーニングなどのプロケアをしてもらうとともにセルフケアも上手に行う必要があります。歯周病は歯の根元に付着している歯垢中の歯周病菌により惹き起こされるため、みがき残しの歯垢を極力減らすとともに、歯垢が固まってこびりついたものは歯科医院でのクリーニングが必要となります。また、クリーニングを行っても歯みがきが上手でないとまたすぐに歯垢がついてしまうので、みがき残しの歯垢を減らせるよう歯みがき指導も併せてお受けになることをお勧めします。すでにかなりひどい揺れとなっている場合には咬みあわせを調整する必要がある場合もありますが、歯垢がきちんと除去出来て歯肉が引き締まることで、歯の揺れが軽減されることも少なくありません。それ以外にも、くいしばりや歯ぎしりなどがあって過渡なかむ力が歯に加わることで歯を支えている骨が溶け、歯の揺れが生じることもあります。まずは日中の無意識のくいしばりなどに気を付け、それでも揺れの改善が見られない場合には、就寝時のくいしばりや歯ぎしりを疑い、マウスピースを装着することで改善が見られることもあります。歯科医院でまずは揺れの原因を診査し、対処してもらって下さい。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。