このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯周病)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯周病 > 加齢(60歳)とともに歯周病、歯槽膿漏が気になります。遺伝もあるようですが、これだけ医療が進歩してる中、骨の再生は可能なのでしょうか。食べる事は基本ですが、硬いものを気にせず食べたいという思いが強くなりました。

おとなのおくち相談室

歯周病 Q&A

2016年12月27日

加齢(60歳)とともに歯周病、歯槽膿漏が気になります。遺伝もあるようですが、これだけ医療が進歩してる中、骨の再生は可能なのでしょうか。食べる事は基本ですが、硬いものを気にせず食べたいという思いが強くなりました。

金井由起先生からのアドバイス

歯周病は、歯の根元に歯垢がいつも付着していると歯垢中にいる歯周病菌が毒素を出し、それにより歯の周りの歯肉に炎症が生じ、悪化すると歯を支えている骨(歯槽骨)までも溶かしてしまう病気です。最近では、歯槽骨の再生療法も進歩してきており、失った骨の部分に特殊な膜を置くことで骨の再生を促すGTR法や、エナメルマトリックスタンパクという薬剤を骨が溶けてしまった歯の根の部分に塗布し、その部分の新しい組織の再生を促すエムドゲインという方法などが行われてきています。しかしながら、これらの方法もすべての方に適応出来るわけではなく、歯を支えている骨が全体的に溶けてしまっているような場合には適応が難しくなります。また、歯周病となった原因の除去が出来なければまたすぐに再発してしまいます。よって、歯周病に対する適切なケア(定期的にプロケアを受ける、ご自身でのセルフケアの指導を受ける)を行った上で、そのような処置も適応が可能であるかどうかかかりつけの先生とご相談下さい。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関するご相談に、予防歯科活動に長く携わっておられる高山由希先生(歯科医師/歯学博士)が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する