このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯ぐきの悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯ぐきの悩み > どうしても力強く磨いてしまい、歯医者でも歯茎下がりが指摘されました。 力の抜き方がわかりません。

おとなのおくち相談室

歯ぐきの悩み Q&A

2015年10月28日

どうしても力強く磨いてしまい、歯医者でも歯茎下がりが指摘されました。 力の抜き方がわかりません。

金井由起先生からのアドバイス

歯みがきの力は、100~200g程度が適当です。余り弱すぎても歯垢やステインが落ちず、強すぎると歯ぐき下がりや歯のすり減りを招きます。歯ブラシを料理用の計量器にあて、100~200gがどの程度か確認してからみがくのも良いですが、歯に当てる感覚と異なり実感しにくいので、先ずは歯ブラシの毛先でみがくことを意識してみて下さい。歯垢は歯ブラシの毛の先端でこすることで除去効率がアップするため、歯ブラシの毛が大きくしなるほど強いと毛の側面でみがくこととなり、結果歯垢もあまり除去できません。毛先でみがくことを心がけると、自然と力も抜けてくると思います。
また、歯ぐきが下がる原因としては、歯みがきの力が強いばかりでなく、歯の根元に歯垢や歯石が付いていることで歯肉に炎症が生じ、歯を支えている骨までも溶かされてしまう場合(いわゆる歯周病)や、くいしばりがあって過渡にかみ合わせが強いことなどで歯を支えている骨が溶けるのに伴い、歯ぐきが下がります。そのチェックも歯科医院で行ってもらうと良いでしょう。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。