このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯ぐきの悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯ぐきの悩み > 歯は丈夫ですが、そういう人は歯肉が弱い人が多いと言われ驚いています。 本当なのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯ぐきの悩み Q&A

2016年10月20日

歯は丈夫ですが、そういう人は歯肉が弱い人が多いと言われ驚いています。 本当なのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

そのような科学的根拠はありませんが、歯科医師の実感として感じられることはあります。口の中が酸性気味の人は、歯が溶けてむし歯となるリスクも高いですが、そうすると歯石が溜まりにくく、歯周病の進行が遅いように見受けられます。逆に、口の酸性度が余り高くない人は、むし歯になりにくいが、歯石は溜りやすく、歯周病が進行しやすいように感じられたりもします。しかし、科学的な根拠はなく、ただ一つ言えることは、むし歯になりにくい方は歯が痛むこともないため、歯科医院を受診する機会がないため、チェックやクリーニングを受けないままとなってしまい、気付いた時には歯周病がひどく進行してしまっている。といったケースが多いということです。歯周病は初期の段階では殆ど自覚症状がでないため、特に自覚症状が無くても、半年から一年に一回は歯科医院で健診を受けることをお勧めします。むし歯にならない方こそ注意が必要です。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。