このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯ぐきの悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯ぐきの悩み > 先日歯が抜けたので慌てて歯医者さんに行ったら、歯周病と診断されて驚きました。本当に前触れもなく抜けたので怖かったです。定期的に歯医者さんに行っていたら防げたのでしょうか。これからどういうケアをしていくのがよいのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯ぐきの悩み Q&A

2016年12月27日

先日歯が抜けたので慌てて歯医者さんに行ったら、歯周病と診断されて驚きました。本当に前触れもなく抜けたので怖かったです。定期的に歯医者さんに行っていたら防げたのでしょうか。これからどういうケアをしていくのがよいのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

歯周病は歯の根元に付着した歯垢中の歯周病菌から出される毒素により、歯肉に炎症が惹き起こされる病気です。まず初期の歯肉炎の段階では、歯肉の赤味だけでなく腫れや出血が生じます。しかしながら歯肉からの出血は、歯の根元の歯肉の部分に歯ブラシの毛先がきちんと触れていれば出血を起こしますが、歯の先端の方ばかりみがいているような方の場合には出血することもないため歯肉の炎症に気づかないことも多いです。歯周病の初期の段階である歯肉炎に気付かないまま歯周病が進行すると、今度は歯の根の周りにまで炎症が及ぶ歯周炎を惹き起こし、歯を支えている骨も溶けるため、やがては歯肉が腫れて痛い、かむと痛い、歯がグラつくなどの症状が起こってきます。特に、体の免疫力が低下してくる40代頃から症状が出始めます。その段階で歯科医院を受診しても、一度溶けた骨は基本的には戻らないため、歯周病初期の歯肉炎の段階で歯周病に気付き、ケアを行うことがとても大切です。全体が歯周病に罹患なさっている方の場合には、一本歯が抜けると他の歯も同様に悪化してしまっていることも少なくないので、これ以上歯を失わないよう全体的な歯周病の治療が必須です。歯周病のケアの基本は、歯の根元に付いた細菌の塊である歯垢を除去することです。歯科医院で定期的に歯垢や歯垢が固まった歯石を除去するとともに、ご自身のセルフケアを上達させることも大切になってきます。セルフケアの上達のために歯科医院では歯みがきの指導も行っているので、一度はお受けになることをお勧めします。歯周病の治療は程度によって方法や費用や期間が大きく変わります。歯周病の初期の段階である歯肉炎であれば、歯の根元の歯垢や歯石を除去し、歯みがきの指導を受けるだけなので期間も費用も少なくてすみます。一方、重度の歯周病である歯周炎になると、歯ぐきを切って歯周ポケットの深くに付いている汚れを取るといった外科処置が必要となり、期間も費用も増えてきます。基本的に保険が適応可能ですが、歯垢や歯石の除去と併せて歯の表面に汚れが再度付着しないよう研磨まで行うPMTCや再生治療などは一部大学病院を除いて対象外となります。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。