このページの先頭です

おとなのおくち相談(口の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • リンク:サイトマップ
  • リンク:ご利用について
  • リンク:お問い合わせ

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 口の悩み > そろそろ70歳になりますが、最近、歯で舌を噛んでしまうことが度々あるようになりました。原因は何なのでしょうか?

おとなのおくち相談室

口の悩み Q&A

2017年11月21日

そろそろ70歳になりますが、最近、歯で舌を噛んでしまうことが度々あるようになりました。原因は何なのでしょうか?

高山由希先生からのアドバイス

よく舌を噛んでしまう、これもご高齢の方からよく出るご質問です。舌をかむとその後しばらく食べ物で滲みたりして、食べることが楽しくなくなりますよね。
さて、舌を噛んでしまう原因は一般的には、入れ歯などで噛み方が変わった時に起きやすいと臨床医の間で言われていますが、必ずしもそういう場合だけではなさそうで、有効な治療法がお示しできないのが現状です。ただ、自然に治り、深刻な問題とならない場合が多いので、少し様子をみてください、と私も相談時に言っていました。私の経験では噛んだ部分を意識するとまた噛んでしまって、治りにくくなる、ということもありそうです。

噛むときには食べ物を左右に移動させる、飲み込むときには上あごに沿って食べ物を喉に送り込むという、舌は食べることにとても重要な役割をしています。考えて動かすのではなく、反射的にスイッチが入って自然と動いているのですが、一度ゆっくりと舌の動きを確認しながら噛んでみるのも面白いかもしれません。何か発見があれば、お知らせいただければうれしいです。

歯科医師/歯学博士 高山由希 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関するご相談に、予防歯科活動に長く携わっておられる高山由希先生(歯科医師/歯学博士)が回答いたします。
(ORALcomメンバー限定)
  • 専門医に相談する
  • 新規メンバー登録する