このページの先頭です

おとなのおくち相談(口の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 口の悩み > 骨粗鬆症の薬を早く開始したいのですが、顎骨壊死の問題があり、時々痛む歯があるので薬を延期しています。虫歯ではないと言われていますがどういう状態になったら薬を再開出来ますか。

おとなのおくち相談室

口の悩み Q&A

2016年02月26日

骨粗鬆症の薬を早く開始したいのですが、顎骨壊死の問題があり、時々痛む歯があるので薬を延期しています。虫歯ではないと言われていますがどういう状態になったら薬を再開出来ますか。

金井由起先生からのアドバイス

骨粗鬆症の薬の内ビスホスホネート製剤を服用されている場合、歯科での抜歯や外科治療を行うことで、その後顎骨壊死のリスクがあると報告されています。日本骨粗鬆症学会のガイドラインでは、「骨粗鬆症治療のために経口ビスホスホネート薬を服用する予定の患者で、歯科治療が適切に行われており、口腔衛生状態が良好に保たれている場合には特に投与を延期する必要はなく、定期観察を行うだけで良い。しかし、投与中の抜歯や外科的処置を回避するために、禁煙、アルコール摂取制限、ならびに口腔衛生状態を良好に維持することなどが重要であることを患者に指導する。もし、抜歯などの外科的侵襲処置が必要な場合は、外科的処置後の創傷治癒が完全に確認されるまで経口ビスホスホネート薬の投薬開始は延期するのが望ましい。」とあります。よって、3ヶ月以内に抜歯や外科的な手術の予定がある場合には服用はできません。もしくは、悪い歯を抜歯しその部分の治癒が完全に確認されれば服用を開始できます。基本的に、歯科と内科の先生との連携が必要な場合、先生同士が連絡を取り合ってその方針を決めていくものなので、かかりつけの歯科医か内科医にご相談ください。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。