このページの先頭です

おとなのおくち相談(口の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 口の悩み > 食べ物を噛んでいる時に、ほっぺたの内側も一緒に噛んでしまい、出血と痛みでご飯を美味しく食べられない事が度々ある事が悩みです。これは噛みあわせを治さないといけないのでしょうか。

おとなのおくち相談室

口の悩み Q&A

2016年12月27日

食べ物を噛んでいる時に、ほっぺたの内側も一緒に噛んでしまい、出血と痛みでご飯を美味しく食べられない事が度々ある事が悩みです。これは噛みあわせを治さないといけないのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

頬をかんでしまう方に多いかみ合わせとしては、かんだ時に上の歯が下の歯よりも頬側に位置していないことで頬を巻き込んでかんでしまう場合があります。歯の形態の調整で改善することもありますが、それで治らず頻繁にかんでしまうのであれば、歯並びの矯正治療が必要となることもあります。また、歯の治療中に仮歯が入っていないと、その間に頬が内側に寄ってしまい、新しく被せ物を入れた直後は頻繁にかみやすくなることがありますが、その場合には数週間ほど経つと頬もそれに合わせた形態となり改善することが多いです。歯科医院を受診して診てもらって下さい。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。