このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 酸蝕歯にかかりやすいため、食事に気をつけなくてはならないと歯医者さんに言われました。食べてはいけないものがあるということでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2017年04月28日

酸蝕歯にかかりやすいため、食事に気をつけなくてはならないと歯医者さんに言われました。食べてはいけないものがあるということでしょうか。

高山由希先生からのアドバイス

「酸蝕歯にかかりやすい」と歯科医に言われたということですが、それがどういう状況で注意されたのかによって、このお答えは変わってきます。通常、pHが低い(酸性)食品でわりあい長く口に滞留するのはジュースやスポーツ飲料、のど飴などが考えられます。どんな食品であってもだらだら飲食するより、メリハリを付けた食生活がよい、というのが口の健康を保つ秘訣でもありますので、どの食品というよりも「食べ方に注意する」のもよいのではないかと考えます。

もう一つお勧めしたい食べ方の工夫は、唾液をたくさん出す食べ方、つまりよく噛むということです。なぜなら唾液は酸を中和(正確に言うと緩衝)して、酸の影響を大きく減弱するからです。酸蝕歯を予防すると同時に胃腸や栄養状態にも影響を与えるとても良い習慣です。できれば「一口20回以上」噛んで唾液をたくさん出して食べる方法もお試しになってくださいね。

歯科医師/歯学博士 高山由希 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。