このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 親不知を抜歯したのに、抜歯した場所からまた歯が生えてきました。なぜなのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2017年07月20日

親不知を抜歯したのに、抜歯した場所からまた歯が生えてきました。なぜなのでしょうか。

高山由希先生からのアドバイス

親不知を抜歯したのに、抜歯した場所からまた歯が生えてきた、という不思議なことが起こったのですね。この場合は2つの可能性があると思います。

1つは親不知の後ろにもう一本歯が埋まっていたというケース。珍しいですが、私も今までに数件、そういう事例を経験したことがあります。

もう1つは抜いた歯の根っこが残っていて、それが出てきたケース。抜歯した歯の根が折れて小さい歯片が歯ぐきの中に残ってしまうと後日(数か月から数年にかけて)歯ぐきから排出されることも多く、無害なのでそのまま放置して待つのが最善と考えられています。

どちらかはっきりさせるにはレントゲン写真で判断できます。歯科医院の受診で今後の措置についてもご相談なさるとよいのではないでしょうか。

歯科医師/歯学博士 高山由希 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。