このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 根管治療がなかなか終わりません。今、授乳中で何度も行くのがとても大変になってきたので少し間を空けたいと思っています。 根管治療はどの位の間を空けていいのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2017年09月27日

根管治療がなかなか終わりません。今、授乳中で何度も行くのがとても大変になってきたので少し間を空けたいと思っています。 根管治療はどの位の間を空けていいのでしょうか。

高山由希先生からのアドバイス

授乳中の歯の治療、たいへんですね。子どもさんを預けたり、連れて行ったりと治療の機会を作るために準備が必要ですものね。

根幹治療は根の中の空隙を無菌化して人工物を半永久的に詰める準備をすることに多くの時間を割きます。細菌がいる状態で詰めてしまうと短期間で細菌が増殖し、せっかく噛めるような治療をしてもまた外さなければならない、といった状況になります。

根幹治療に時間をかける歯科医師は良心的だとも思えます。最良の策は、歯科医師にご自分の状況を話して、どのように治療を進めていけばいいか、二人で相談することだと思います。歯科医師は診療時間中は忙しい場合が多いので、できればご予約時に相談したいことを伝えられるといいでしょう。

お母さんのおくちの中が健康だと赤ちゃんのおくちも健康であることが多いという調査結果がたくさんあります。大変でしょうが、ぜひご自分の体を整えて楽しい子育てをなさってください。応援しています。

歯科医師/歯学博士 高山由希 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。