このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 歯の矯正治療とは別に、上下とも銀歯のクラウンを新しくしました。 上の歯はすでに神経がないので、新しいクラウンをかぶせる前に再度、根幹治療を行いクラウンをかぶせましたが、下の歯は神経があるままクラウンをかぶせました。 医師からは神経を抜かない方が歯や顎のためですと言われたのですが本当なのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2017年11月06日

歯の矯正治療とは別に、上下とも銀歯のクラウンを新しくしました。 上の歯はすでに神経がないので、新しいクラウンをかぶせる前に再度、根幹治療を行いクラウンをかぶせましたが、下の歯は神経があるままクラウンをかぶせました。 医師からは神経を抜かない方が歯や顎のためですと言われたのですが本当なのでしょうか。

高山由希先生からのアドバイス

クラウンをかぶせるときに根管治療をしなかったがそれでいいのだろうかというご質問ですね。
歯の中には神経や血管があるスペースがあり、そのスペースを根管といいます。根管治療をしなかったということは、歯の神経や血管を活かしたまま削ってクラウンをかぶせたということです。歯の神経や血管が生きている歯を「生活歯」、それらが死んだ状態の歯を「失活歯」と呼びます。クラウンをかぶせるときは歯を大きく削る必要があるので、上の歯のように神経が生きていても敢えて神経や血管をとって失活させてしまうことが一般的です。
しかしながら、もしむし歯が小さくて削る量が少ない場合、神経や血管を残してクラウンがかぶせられれば、生活歯に金属をかぶせたという形になり、その歯の寿命が失活歯より伸びるだろうと考えられています。とはいえ金属に置き換わったせいで熱を伝えやすくなり、しみるという症状が出てくることがあります。治療の後で症状が出てくることはできれば歯科医としては避けたいので、実は生活歯のクラウンは歯科医から敬遠されがちだったのですが、最近では歯のため、患者のためを考えたこのような治療は増加してきており、患者さんにとってもよい傾向だと思っています。確かにインフォームドコンセント(患者さんによる納得と同意)が重要な治療ですね。
もし理解できないところがあれば、主治医にもご質問なさってみてくださいね。きっとよいコミュニケーションができると思います。
治療した歯が長くそのままで維持できるよう願っています。

歯科医師/歯学博士 高山由希 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。