このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 虫歯治療で被せられた奥歯の冠が割れてしまいました。歯科医さんから睡眠中の歯ぎしりが原因だと言われましたが、歯ぎしりをしているという自覚がないですし、横で寝ている主人にも指摘されたことがありません。眠っているときに歯ぎしりをしているのはどうしたらわかるのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2018年03月05日

虫歯治療で被せられた奥歯の冠が割れてしまいました。歯科医さんから睡眠中の歯ぎしりが原因だと言われましたが、歯ぎしりをしているという自覚がないですし、横で寝ている主人にも指摘されたことがありません。眠っているときに歯ぎしりをしているのはどうしたらわかるのでしょうか。

高山由希先生からのアドバイス

奥歯の冠がわれてしまって歯科医から歯ぎしりが原因と言われたのですね。自覚もないし、ご主人にも指摘されたことがないのに本当に原因は歯ぎしりなのでしょうか。

その疑問はもっともなものだと思います。そして同時に、主治医が言われたような可能性もあるのです。歯ぎしりにはグラインディング(奥歯をくいしばって上下の歯をすり合わせる)、タッピング(上下の歯をカチカチかみあわせる)、クレンチング(くいしばる)の3つの種類があります。グラインディングがいわゆる「歯ぎしり」で大きな音をたてるのですが、音を立てずに食いしばるだけのクレンチングが繰り返されていても奥歯のわれや欠けを起こすと考えられています。

歯ぎしりをモニタリングする方法はまだ開発されておらず、「歯ぎしりをなおす方法」もこれといったものがないのが現状ですが、歯ぎしりする人は起きているときも口を緊張させて食いしばっていることが多いのではないか、という仮説があります。昼間、頬の筋肉をゆるめる時間が多ければ、筋肉の疲れもなく、夜に歯を食いしばる必要がないという考え方です。口の周りの筋肉をリラックスさせて、日中、にこにこと過ごせればいいですね。

歯科医師/歯学博士 高山由希 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。