このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 親知らずの抜歯のメリットデメリットを教えて下さい

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2015年01月29日

親知らずの抜歯のメリットデメリットを教えて下さい

金井由起先生からのアドバイス

親知らずの本数や生え方にはかなりバリエーションがあり、親知らずの抜歯はみがけているか、腫れることがあるか、むし歯になりやすいか、生えている方向、かみ合わせ、他の歯の状態、残しておいての後での使い道、治療が可能か、生活背景などで抜歯するしないを決めることとなります。例えば、親知らずがきちんと他の歯と同じ向きできちんと生えていて下の歯ともちゃんとかんでいる場合には、抜歯することでみがきやすくなるというメリットはありますが、歯がかんでいる本数は減りますし、一本手前の歯がもし先に抜歯する必要が起こった場合にブリッジという処置が出来なくなります。しかし、この親知らずの生え方が著しくおかしな方向を向いている場合には、残しておいてもみがきにくく虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなる上、後に一本手前の歯のトラブルがあった時にブリッジの支えとしての使い道もないということもあります。また、半分だけ歯肉に埋まっているような親知らずで、今後きちんと生えてくる見込みが低く、しかも頻繁に歯肉が腫れるような場合には抜歯をお勧めしますが、今後きちんと生えてきてかみ合わせができそうな場合には、腫れないよう頑張ってみがいて経過観察とすることをお勧めすることもあります。といったように、色々な条件で抜歯のメリット、デメリットは変わるので、ご自身の状態を歯科医院にてきちんと精査してもらった上で話し合って決めると良いでしょう。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。