このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 骨粗しょう症になると歯もダメになるのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2015年01月29日

骨粗しょう症になると歯もダメになるのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

骨粗鬆症になると、全身の骨と同様に歯を支えている顎の骨の骨密度も低下させるので、歯周疾患がある場合、歯周病を進行させる要因になることがわかっています。歯周病が進行すると、歯肉に炎症が起こるだけではなく、歯を支えている骨が溶けて最終的には歯がぐらぐらとなり抜けてしまいます。一方で、歯の喪失が咀嚼する能力を低下させ、食物の消化吸収力の低下を招き、ビタミンD、カルシウム不足、低栄養となりやすく、骨粗鬆症の要因になりうることもわかってきています。よって、歯周病や骨粗鬆症の予防や治療を行うことは、健康寿命をより長くさせることにとって重要なのです。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。