このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 子どもの頃に矯正してきれいな歯並びにしたものが40歳で1本だけ動きものが詰まるようになりました。矯正を再度したほうがよいでしょうか?

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2015年03月11日

子どもの頃に矯正してきれいな歯並びにしたものが40歳で1本だけ動きものが詰まるようになりました。矯正を再度したほうがよいでしょうか?

金井由起先生からのアドバイス

子供のころに矯正をし、40代位から前歯の歯並びがまた悪化するケースはとても多いです。年齢とともに奥歯のかむ面が少しずつすり減ることにより、かみ合わせは前歯が強く当たるようになるため、そのひずみが前歯の歯並びの悪化に繋がります。再矯正するかは、審美的なものが気になるか、また食物が挟まりやすくみがけないことにより歯周病やむし歯のリスクがあるかなどによって検討することとなります。挟まってもきちんと歯みがきが上手にできて歯垢のみがき残しがないようであれば問題にはなりません。審美的なものが気になって再矯正する場合には、前歯がずれてきた原因を除去して再矯正する必要があります(前歯のかみ合わせの調整や、舌で前歯を押す癖が原因の場合にはそういった癖の改善など)。期間や費用なども治療計画によってまちまちなので、詳細は矯正歯科を受診し、相談なさると良いでしょう。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。