このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 歯の本数が足りない時に隠れている歯を調べてもらったほうがいいでしょうか?

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2015年10月28日

歯の本数が足りない時に隠れている歯を調べてもらったほうがいいでしょうか?

金井由起先生からのアドバイス

歯の本数が足りない場合、先天性欠如といって歯自体が全くない場合と、歯自体はあるものの、歯並びなどの条件で生えてくることができていない場合(埋伏歯まいふくし)が考えられます。埋伏歯の場合には、埋っている方向によっては他の歯の根を押して、押された歯の根が溶けてしまうこともあります。また、埋伏歯の前後の歯が不幸にも抜歯となった場合には、その抜けた部分にスペースができることで埋伏歯が出てきたりすることもあります。そのように、歯科治療時の治療計画に関係してくることもあるため、歯自体がないのか、埋伏しているのか、状態を把握しておくことは大事です。歯科医院でのレントゲン撮影で確認できるため、一度受診なさると良いでしょう。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。