このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 歯医者さんで、黄ばんでいるようにみえる歯を白くするにはホワイトニングといって歯の表面を削る方法なので良くないと言われたのですが、それ以外に白くする方法はないのか教えてほしいです。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年10月20日

歯医者さんで、黄ばんでいるようにみえる歯を白くするにはホワイトニングといって歯の表面を削る方法なので良くないと言われたのですが、それ以外に白くする方法はないのか教えてほしいです。

金井由起先生からのアドバイス

ホワイトニングは、歯の表面に過酸化水素や過酸化尿素のジェルを塗布、浸透させることで歯の内部に入り込んだ着色成分を分解し、歯の色味を明るくさせる方法なので、歯の表面を削ることはありません。先生にもう一度よく伺ってみて下さい。削って歯の色を明るくする処置は、ラミネートベニヤクラウンといって歯の表面を一層削って型を取り、削った歯の表面に合った明るい色味の薄い板状のセラミックスをボンドで張り付ける方法や、歯を全面削って型取りし、明るい色の被せ物を被せる方法などが考えられますが、病気でない歯を最初から削ってしまって治療することはあまりお勧めできません。歯の黄ばみが実は歯の表面に付着したステイン(着色)が原因のことも多く、その場合には歯のクリーニングを行うだけで大分色味が明るくなりますし、クリーニングを行ってもなお黄ばみが気になる場合にはホワイトニングが適応かどうか診査し、適応であればホワイトニングを行います。ホワイトニングの色味の改善には個人差があるため、それでも改善が図れない場合には削ることを検討することとなりますが、それはあくまで最終の手段となります。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。