このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 転倒して前歯が1本折れて半分が無くなってしまいました。そのため、その歯をセラミックの歯にすることにしたのですがこの機会に周囲の歯をホワイトニングをして調整後の色に義歯を合わせることになりました。 実際にホワイトニングをしたら痛みがひどく、特に歯磨きする時に歯茎部分の痛みがひどいのでこのまま治療を続けるべきか悩んでます。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年11月01日

転倒して前歯が1本折れて半分が無くなってしまいました。そのため、その歯をセラミックの歯にすることにしたのですがこの機会に周囲の歯をホワイトニングをして調整後の色に義歯を合わせることになりました。 実際にホワイトニングをしたら痛みがひどく、特に歯磨きする時に歯茎部分の痛みがひどいのでこのまま治療を続けるべきか悩んでます。

金井由起先生からのアドバイス

ホワイトニング後に歯肉の痛みがあるとの事で、歯肉の痛みの場合には単純に薬剤が歯肉に付着してしまっていることが考えられます。歯科医院で行うホワイトニングの場合には、基本的には歯肉部分をプラスチックのような材料で保護した後、歯に薬剤を塗布するため、保護が不完全で誤って歯肉に薬剤が付着した場合以外は、歯肉に痛みが生じる可能性は低いです。ホームホワイトニングの場合には個人差もありますが、薬剤の濃度が高いものだとそれが歯肉に触れてしまうとただれたりする方もいるので、濃度や薬剤のトレーへの入れ方、使用時間などにも注意が必要です。ホームホワイトニングをきちんと行っても歯肉の痛みが生じるような場合には、オフィスホワイトニングで歯肉保護をしながら行うとよろしいかと思います。また、痛みが歯肉ではなく、歯の知覚過敏症状として出る方は比較的多くいます。元々知覚過敏症状のある方、歯の根が露出している方、歯に亀裂がある方などは薬剤濃度を低いもので試すか、やはりオフィスホワイトニングで歯の根の露出部を保護しながら行うことをお勧めします。また、使用している薬剤濃度も歯科医院によってホワイトニング剤の取り扱いが異なりますが、濃度が低いものの方が知覚過敏が生じにくいです。知覚過敏症状が出る時には、フッ素を作用させることも症状緩和に有効です。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。