このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 歯軋りがひどいようで、数本の歯に亀裂がはいっています。歯科で診察してもらいマウスピースを寝ている間につけるよう、言われました。自分の歯にあったマウスピースを作ってもらいましたが、寝ている間に自分でとってしまい、ほとんどつかっていない状態です。 このままだと亀裂が歯茎のほうまできて、いつか抜かないといけなくなるのかと思うと不安です。マウスピースを使わないで亀裂をこれ以上大きくしないような処置はできないものでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年11月01日

歯軋りがひどいようで、数本の歯に亀裂がはいっています。歯科で診察してもらいマウスピースを寝ている間につけるよう、言われました。自分の歯にあったマウスピースを作ってもらいましたが、寝ている間に自分でとってしまい、ほとんどつかっていない状態です。 このままだと亀裂が歯茎のほうまできて、いつか抜かないといけなくなるのかと思うと不安です。マウスピースを使わないで亀裂をこれ以上大きくしないような処置はできないものでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

歯ぎしりやくいしばりがあると、かなり強いかむ力が歯に加わるため、歯に亀裂を生じたり、特に神経を取っている歯などは脆いので割れてしまうこともあります。また、歯を支えている骨が溶けたり、顎の関節に異常が生じることもあります。歯ぎしりがあるようでしたら、マウスピース以外に歯を保護する手段は現在ありません。マウスピースにも種類があり、硬い素材のものと柔らかい素材のものがある上、それぞれに厚みの違いもあるので、それによって違和感も異なります。また、合っていないマウスピースだと違和感が強く感じられることもあります。違和感にはかなり個人差があり、その方に合せて素材や厚み、きつさの加減を変えるので、一度で諦めずに別の素材や厚み、きつさの加減を変えて作製してもらってはいかがでしょうか。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。