このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 食事をすると、必ずものが歯に挟まってしまうようになり、歯ブラシだけでは取れず、糸ようじや爪楊枝が必要になります。また、赤い汚れが歯に目立つようになり、歯磨きでも落ちません。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年11月29日

食事をすると、必ずものが歯に挟まってしまうようになり、歯ブラシだけでは取れず、糸ようじや爪楊枝が必要になります。また、赤い汚れが歯に目立つようになり、歯磨きでも落ちません。

金井由起先生からのアドバイス

歯を支えている骨が溶けるのに伴って骨を覆っている歯肉も下がり、歯と歯の間の隙間が空いてくることで、食物が歯と歯の間に挟まりやすくなります。歯を支えている骨が溶ける原因には加齢や歯周病、過渡に大きいかむ力の負担などがあります。加齢による骨の減りは仕方ありませんが、歯周病やかむ力による減りはある程度予防ができるため、歯科医院でプロケアをしてもらうとともにセルフケアも上手に行う必要があります。歯周病は歯の根元に付着している歯垢中の歯周病菌により惹き起こされるため、みがき残しの歯垢を極力減らすことが大切です。歯垢でも赤味のある色のものとなっている場合には、相当長い間付着している歯垢であることが多く、歯ブラシによる歯みがきでは除去できない可能性もあるので、一度歯科医院でクリーニングをお受けになるとともに、みがき残しの歯垢を減らせるよう歯みがき指導も併せてお受けになることをお勧めします。また、歯と歯の間の歯垢は歯ブラシだけでは除去できないため、デンタルフロスか歯間ブラシを毎日通してみがいて下さい。その使い方も歯科医院で指導をお受けになって下さい。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。