このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 歯周病になりやすいと歯科で言われました。まだ10代なので高齢者向けの商品を使う気になれず、具体的にどう対策したらよいかわからないです。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年11月29日

歯周病になりやすいと歯科で言われました。まだ10代なので高齢者向けの商品を使う気になれず、具体的にどう対策したらよいかわからないです。

金井由起先生からのアドバイス

歯周病は歯の根元に付いた歯垢中の歯周病菌が原因となるので、対策としては歯垢を減らして歯周病菌を少なくすることが必須です。セルフケアをきちんと行い、みがき残しの歯垢を極力少なくするとともに、それでも残る歯垢や、歯垢が固まった歯石を除去するために歯科医院での定期的なクリーニングなどのプロケアも重要です。セルフケアは、歯みがきをしていてもきれいにみがけていないことも多いので、みがき残しの歯垢を赤く染めて確認しながら歯みがきを上達させる歯みがき指導も歯科医院で行うことをお勧めします。歯みがきが上達してみがき残しの歯垢が減れば、定期検診の間隔も空けられるようになります。歯周病予防に適した歯ブラシや歯みがき剤もあります。お口の状態によっても変わるので、ご自身に合った歯ブラシや歯みがき剤を歯科医院で選んでもらいましょう。また、歯と歯の間は歯垢が残りやすい部分なので、デンタルフロスか歯間ブラシを一日に一回は全部の歯の間に通してみがいて下さい。高齢者向けの商品が何を指していらっしゃるのかがわかりませんが、デンタルフロスや歯間ブラシを使い、歯の間の歯垢が除去できることで、歯周病だけではなくむし歯や口臭の予防にも役立ちます。それらの使用方法も含めて、歯科医院で歯みがき指導をお受けになると良いでしょう。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。