このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > しっかり磨いていても、歯の裏が着色しやすく、歯医者に行って喫煙者と間違えられたことがあります。同い年の主人は歯を磨く時間も短く、歯の裏まで磨いているようには見えないのですが、着色がなくきれいです。どうしてなのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年11月29日

しっかり磨いていても、歯の裏が着色しやすく、歯医者に行って喫煙者と間違えられたことがあります。同い年の主人は歯を磨く時間も短く、歯の裏まで磨いているようには見えないのですが、着色がなくきれいです。どうしてなのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

歯への着色程度は、日常生活での飲食習慣やセルフケアの状態、お口の酸性度、乾燥度、歯並びやかみ合わせなどでも変わってきます。お口が酸性傾向であったりよくうるおっている方は着色しにくい傾向がみられます。歯並びが悪く、口が開き気味となってしまう方はお口が乾燥状態となり着色しやすくなるので、可能であれば口を閉じるよう意識することが大切です。また、かみ合せで上下の歯がきちんとかみ合っている部分は着色が付きにくくなります。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。