このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 親知らずを治療しインレー形成しました。その後、熱いものや冷たいものがとてもしみるとかかりつけの歯科医に訴えたところ、抜髄以外の方法はないとの回答でした。抜髄をすると歯がもろくなるときいたので抜髄以外の方法があったら教えていただきたいです。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年12月13日

親知らずを治療しインレー形成しました。その後、熱いものや冷たいものがとてもしみるとかかりつけの歯科医に訴えたところ、抜髄以外の方法はないとの回答でした。抜髄をすると歯がもろくなるときいたので抜髄以外の方法があったら教えていただきたいです。

金井由起先生からのアドバイス

むし歯が深く歯髄(神経)に近かった場合には、装着したインレーと歯髄との距離が近いため、装着してしばらくはしみてしまうことがよくあります。金属のインレーであれば熱の伝わりが良いので尚更です。しかし生体の反応でそのような刺激があると、歯の内部の象牙質は徐々に象牙質の部分を増やし、削ってインレーを入れた面と歯髄との距離をとろうとします。数か月してその距離が確保できれば徐々にしみるのも治まってきます。ただし、この象牙質の増え方には年齢や個人差があり、年齢が若いほど治りやすいです。よって、インレーを装着してまだ間もないようでしたら、まず1ヶ月程度は様子を見て下さい。徐々に症状が改善されてきているようであれば、おっしゃるように抜髄は極力なさらない方が良いでしょう。しかしながら、何を召し上がってもしみてひどく痛かったり、明らかに悪化しているような場合は、無理せず抜髄なさることお勧めします。また、インレーの合い具合やインレーの素材、インレーを付けるセメントの種類などによっても変わる可能性はありますが、歯の状態によりその選択肢も変わってくるので、かかりつけ医の先生とよくご相談ください。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。