このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 歯周病でもう3本目の歯が抜け落ちています。 今までは奥歯で目立たなかったので、放置していましたが、今回八重歯がぐらつきはじめ危ない状態です。 以前に歯医者さんで部分入れ歯も、全体の歯が弱っているので出来ないと言われ、インプラントも無理だと言われました。 これから総入れ歯になるまで、抜けた歯を放置して歯の数が減るのを待たなければいけないのでしょうか? 外出もかっこわるくて出来なくなりそうで恐いです。 早い内に、全部の歯を抜いて総入れ歯にするべきでしょうか?

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年12月13日

歯周病でもう3本目の歯が抜け落ちています。 今までは奥歯で目立たなかったので、放置していましたが、今回八重歯がぐらつきはじめ危ない状態です。 以前に歯医者さんで部分入れ歯も、全体の歯が弱っているので出来ないと言われ、インプラントも無理だと言われました。 これから総入れ歯になるまで、抜けた歯を放置して歯の数が減るのを待たなければいけないのでしょうか? 外出もかっこわるくて出来なくなりそうで恐いです。 早い内に、全部の歯を抜いて総入れ歯にするべきでしょうか?

金井由起先生からのアドバイス

歯周病は初期の段階では気付きにくく、体の免疫力が低下する更年期位になって急激に歯を支えている骨が溶け、歯の揺れやかんで痛いなどの症状として現れてきます。全体が歯周病に罹患なさっている方の場合には、一本が抜歯になると他の歯も同様に悪化してしまっていることも少なくありません。よって、金具で入れ歯を固定する部分入れ歯の場合、金具をかける負担に耐えられるだけの歯がないと処置が難しいこともありますし、重度の歯周病の方の場合にはそもそも型を採るだけで歯が抜けてしまうこともあります。かといって、生活の上で見た目的にもお食事や話をする上でも支障が生じてしまうのは問題であるため、まずは歯周病の治療を行った上で残っている歯がこの先もつかもたないかの判断を行います。その上でまだ自覚症状は無くても歯周病が進行している歯は抜歯を計画し、極力抜歯後に生活に支障をきたさないよう、抜歯当日に義歯を入れられるような準備を行った後に抜歯することもあります。かかりつけの先生とよく相談し、一番不都合が少なくて済むように計画を立ててもらいましょう。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。