このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > セラミックの詰め物をしたら二次カリエスになったので仕方なく銀歯に変えましたが、見た目が悪いのでやはり白い歯に変えたいです。保険適用内でどこまでできるのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年12月13日

セラミックの詰め物をしたら二次カリエスになったので仕方なく銀歯に変えましたが、見た目が悪いのでやはり白い歯に変えたいです。保険適用内でどこまでできるのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

インレーという部分的な詰め物に関しては、前から4番目の歯から一番奥歯まで(臼歯)を白い材料のもの(硬いプラスチック、硬いプラスチックとセラミックの混ぜ物、セラミックス、ジルコニアなど)で治療する場合は保険がきかず、自費治療となります。歯の全体を被せる場合は、2014年4月の保険改定により前から4、5番目の歯に限っては臼歯でも保険治療で白くすることが出来るようになりましたが、その使用材料、製作方法は限られており、硬いプラスチックとセラミックの混ぜ物であるハイブリッドセラミックレジンの塊をCAD/CAM(キャドキャム)という機械で削り出して製作した被せ物に限り認められています。ハイブリッドセラミックレジンはセラミックに比べて着色しやすく、すり減りやすい材料であるため、経年的にやり替えが必要となります。また、使用する材料により歯を削る量も変わるので、かかりつけの先生とよくご相談なさって下さい。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。