このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 歯科医にてクリーニングをしてもらう時、超音波を使う際、奥歯の内側などツーンと痛い時がありますので、いつも弱にしてクリーニングをしてもらってます。これはやっているうちに慣れて痛みがなくなるのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年12月27日

歯科医にてクリーニングをしてもらう時、超音波を使う際、奥歯の内側などツーンと痛い時がありますので、いつも弱にしてクリーニングをしてもらってます。これはやっているうちに慣れて痛みがなくなるのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

超音波によるクリーニングの場合、その振動や一緒に噴出される水の刺激が歯の内部にある神経を刺激して、痛みを感じることがあります。特に歯肉がやせて歯の根が露出している部分は、エナメル質という硬い組織に覆われていない上に、内部の神経との距離が近いので刺激を感じやすく、いわゆる知覚過敏症状が発現します。知覚過敏症の症状は摂取する飲食物の影響やくいしばり、歯ぎしりの影響、体調などによっても症状の程度が変動することがあるため、日によって痛みの大きさが変わる可能性はありますが、慣れることは考えにくいです。かえってそのような部分に超音波を当てすぎるとほんの僅かではありますが歯に傷を付け、その傷を研磨することでクリーニングの度に歯をすり減らして知覚過敏悪化に繋がる可能性も考えられます。本来クリーニングは、歯垢や歯垢が固まった歯石などの汚れを除去するものであるため、歯垢や歯石が付着していない部分はクリーニングを行う必要がありません。よって、歯垢などが残っている場合には、まずはその部分をきちんとみがけるよう歯みがきの指導を受けることが大切です。みがき残しの歯垢が減ることで歯石も減り、クリーニングの間隔も空けることが出来るようになります。しかし、みがきにくい部分などにはみがき残しの歯垢はどうしても出来てしまうので、歯垢だけが残っている場合にはブラシによるクリーニングのみとしてもらい、歯石が付いている部分のみ超音波か手で除去する用具で除去してもらうと痛みの軽減にもなりますし、歯をむやみにすり減らすことなくクリーニングをしてもらうことが出来ます(但し、細かいところなど部分によっては歯垢であっても超音波でなくては除去できない部分もあります)。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。