このページの先頭です

おとなのおくち相談(歯の悩み)なら専門家に相談できるORALcom

ORALcom(オーラルコム)

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ORALcom TOP > おとなのおくち相談室 > 歯の悩み > 若いころはびっしり詰まっていた歯が、年を取って歯と歯の隙間があいてきてしまいました。これは歯周病や何かのサインなのでしょうか。

おとなのおくち相談室

歯の悩み Q&A

2016年12月27日

若いころはびっしり詰まっていた歯が、年を取って歯と歯の隙間があいてきてしまいました。これは歯周病や何かのサインなのでしょうか。

金井由起先生からのアドバイス

加齢や歯周病により歯を支えている骨が溶けるのに伴い骨を覆っている歯肉も下がり、歯と歯の間の隙間が空いてきます。女性の場合は特に、更年期を迎えて骨粗鬆症の傾向が強まる方が多く、体の骨同様に顎の骨も痩せるため、急激に歯肉下がりを起こして歯と歯の間の隙間が顕著になることがあります。加齢による骨の溶けは個人差もあるためある程度止むを得ませんが、予防ができる歯周病に関しては早めに気付き、早めにケアすることが重要です。歯周病に罹っているかは歯科医院でチェックできますので、早めに受診して診てもらって下さい。

グラントウキョウオーラルヘルスケアステーション 院長 金井由起 先生

同じカテゴリの相談を見る

おとなのおくち相談室

おとなのおくちに関する悩みはここで解決!
様々な相談とドクターの回答集です。